シュタイナー教育・幼児教育・教材・おもちゃとクラフト販売 天花地星のBlog
お店つれづれ気になる商品子育てメーカ・生産者紹介

天花地星(てんかちせい)Blog
北海道伊達市
Tenkachisei

2017/05/14
シュタイナーの本は絶版が多いです。 by ヨーコ店長
[メーカ・生産者紹介]
全国の皆様
先日通販への問い合わせたがありました。
絶版の本の再販です。

以前は外国人の訳本が多かったですが
私たち日本人もかなり勉強され国内で出版する方が多くなりました。

まだまだ自費出版もあります。
涼風書林さんも沢山出版してます。
四国でもあります。
しかし出版部数がそんなに多くないです。

あっ気になる本発見

大手の出版社なら少し考えてもいいけど
聞いたことない出版社は即会をオススメします。
古本で定価の倍の値段で買う事になる事もありますよ。

最近
日本も
シュタイナー医療も受けれようになり
学校もたくさんでき
どんどん成長してますね。


[メーカ・生産者紹介]

Edited by ヨーコ店長 2017/05/14 09:06:41
Last Modified 2017/05/14 11:03:33

2017/04/22
種まきカレンダー 入荷しました!! by じゅんか
[気になる商品]


種まきカレンダー を毎年お買い上げいただいている皆様

大変お待たせいたしました。

ずいぶん発行が遅れましたが 「種まきカレンダー2017年度版」本日入荷いたしました。

家庭菜園をされている方も、ガーデニングがお好きな方も、学校や幼稚園で ちょっとした庭仕事をされる方も 星のめぐりを感じながら暮らしたいと思う方にも ぜひ 手に取っていただきたい1冊です。


[気になる商品]

Edited by じゅんか 2017/04/22 11:51:17
Last Modified 2017/04/22 11:56:36

2017/04/21
夏至のおはなし2種類 by じゅんか
[気になる商品]
さて、みなさまは たのしいイースターをすごされましたか?

日本の春を祝う、お花見を楽しまれた方もいらっしゃるかと思います。

世の中はさまざまに騒がしくても、季節を祝う、季節を味わう、季節を楽しむ気持ちは忘れたくないなあ...としみじみと感じています。

そう、季節をお祝いすると 地球が喜ぶそうですよ!

今日エルサ・ベスコフの絵本「リーサの庭の花まつり」を読みました。
さすがのベスコフ絵本 絵が良い!!
エルサ・ベスコフ 絵本 リーサの庭の花まつり
この絵本 ちょっと長めなので、小さいお子さんにはむかないかもしれないんですが 夏至の庭先に咲く花々、野菜たちが生き生きと描かれています。

夏至の精がお庭でお祭りをするおはなしなんですね。

雑草と野菜たちが 戦う様子もホントにほほえましいし、夏の庭の攻防戦(?)をすごく感じられる一冊です。

お子様向けのおすすめは
錆びた短剣 読み聞かせ 語り聞かせ 絵本
語り聞かせ(読み聞かせ)絵本「錆びた短剣」です。
こちらは 小さいお子さんに、
語り聞かせ(読み聞かせ)をするための絵本なので、絵は少なめ、お話はみじかめです。

さて、ではこれから庭のお手入れでもしてきます。


[気になる商品]

Edited by じゅんか 2017/04/21 11:18:38
Last Modified 2017/04/21 12:34:49

2017/04/12
うさぎからのお知らせです。 by じゅんか
[お店つれづれ]
こんにちは うさぎです。

ようやく きのうはまるいおつきさまがでました。
だからぼくは すこしずつ いろたまごをつくっています。
なぜって こんどのにちようびが、イースターだからです。

それでね、このおみせのひとが イースターのひをまちがっていたので、おしらせします。

イースターのとくしゅうページは4がつ16にちってかいてあったの。
それでいいの。

だけどね。トップページのひにちが いちにち まちがっていたんだよ!
イースターはいつだって にちようびなんだから まちがえたらこまるよね!

きょう ちゃんとなおしてもらったけど、これまでまちがえていて ごめんなさい!
おみせの人のかわりに ぼくがあやまっておくね!

イースターのあさが はれますように、みんなもおいのりしてね!
ことしも よいイースターになりますように!


[お店つれづれ]

Edited by じゅんか 2017/04/12 00:12:06
Last Modified 2017/04/12 00:36:20

2017/04/05
ライアーと歌のために ---ペンタトニックの世界--- 銀色の砂をもった小人たち by ヨーコ店長
[気になる商品]
ライアーと歌のために ---ペンタトニックの世界--- 銀色の砂をもった小人たち

ペンタトニックの世界
この世界を無意識で楽しめるのは
一生で数年 約6年くらいかなあ??
そのあとはどんどん目覚めていくからつまらなくなっちゃって
全然聞いてくれないになっちゃうね。

ライアーという楽器は1926年ごろ、ルドルフ・シュタイナーの思想のもとで、特に子どもたちの教育と心身の治療を目的として作られた楽器だそうです。

ライヤーを使いこなしてない皆様
この本オススメします。


曲は
初めての人用

大男の歌
小人の歌
夜明けの光の前に
小川がながれる
小鳥はお日さまにむかって
雪のように白い子馬にのって
夕やけ 小やけ
一番星 みつけた
ちゅうちゅうねずみ
いもむし
えんやらももの木(Kanon)
おちゃをのみに(Kanon)
夏のライゲン
雨、お日さま、雲、風のライゲン
ほたるこい
こがも と にわとり
雪の中を、ねこがはしりまわる
あがり目 さがり目
おおさむ こさむ
ねずみ
鐘がなる
ペンタトニックのしらべ
わたしを守ってくれる天使

いろいろな歌をひきたい人のために

ひらいた ひらいた
ことり と みつばち
うぐいす
夕ぐれの森の中から
かごめかごめ(Kanon)
雨こんこん 雪こんこん(Kanon)
雪がふる
みのむし
竹田の子もり歌
かぐやひめ
ゆりかごのあかちゃん おやすみ
銀色の砂をもった小人たち

こんなにあります。
楽しいなあ!!

ライヤーが元気になるね。


[気になる商品]

Edited by ヨーコ店長 2017/04/05 07:06:32
Last Modified 2017/04/05 09:54:41



Copyright © 2010-2017 press328.com. All Rights Reserved
Produced by Press328.com in 6core