シュタイナー教育・幼児教育・教材・おもちゃと雑貨「天花地星」の日記Blog
お店つれづれ気になる商品子育てメーカ・生産者紹介
2019/01/12
考えすぎたときは おどりましょう by じゅんか
ぼーっとするのも 良いけど。
 

Edited by じゅんか 2019/01/12 13:24:37
Last Modified 2019/01/12 13:24:37

2019/01/09
通販部編み物ブーム by じゅんか
秋ごろだったか、ちいさいおともだちと「かぎ針」で遊んだことがありました。
それからずーっと編み物を忘れていたのですが、冬休みに入り私は「編み物したい」気分になりました。
わたしは棒針で帽子を編んでいたのですが、それが次男小4のハートに火をつけました。

「アレ、もう一回やってみよっかたなーーー」
というわけで、私の隣で くさり編みをする次男小4.
ちなみに当地の公立小学校、3学期は1月21日から。
まだまだ休みは長いのです。

しばらくすると
「俺もやってみよっかな」と長男高1もかぎ針を持ちました。
ちなみに長男は ちいさいころにY字リリアンをやってましたが、かぎ針初心者です。
そして一週間たって 現在の二人の様子は

小4のくさりあみ

高一の長編みです。



そしてわたしも もうじきできあがるかな??帽子!!
 

Edited by じゅんか 2019/01/09 11:17:08
Last Modified 2019/01/09 11:17:57

2019/01/06
今日はクリスマス最終日 by ヨーコ店長

三賢王とされるメルチョール、ガスパール、バルタサールは遠い東の地の占星術師で、12月24日の夜にひときわ輝く星を見つけ、"ユダヤ人の王(救世主)"の生誕を知ったとか。早速贈り物を持ってイエス キリスト様の誕生を祝う旅をし、到着したのが今日!!

それぞれの賢者(王達)は幼子を拝み、メルチョールは王権を象徴する黄金、ガスパールは受難の死を象徴する没薬、バルタサールは神性の象徴である乳香を贈り物として捧げたそうです。

赤がメルチョール
青がガスパール
緑がバルタザール。

メルチョール、ガスパール、バルタザールの順番でお祝いをお届けしたそうです。
現在もヨーロッパでは5日の夜から今日までお祝いのお祭りがあり、
お祭りの内容はパレードしている三賢王がおもちゃやお菓子を日本の餅撒きみたいに撒き子供達が頂くという習慣もあるそうです。

12月25日で終わりでは無いねー
 

Edited by ヨーコ店長 2019/01/06 08:28:12
Last Modified 2019/01/06 10:32:41

2019/01/05
今年の目標 by じゅんか
こんにちは 通販部です。
楽しい楽しいお正月休み、皆さん楽しめましたか?
わたしもとても お正月を楽しんだのですが、一方でとても反省もしています。

昨年秋に「いかにして人は高い世を知るにいたるか」を読んだのですね。
この本を読む前に 私は非常に弱気になっておりました。
人と交流すると 多少のストレスだったり、多少のトラブルだったり、あるじゃないですか。
その時に、「なるべく引きこもって生きていたい」と思ってしまうんですよ。ワタクシは。
ところが 一人でできることはたかが知れていますから、つまらないですし、何か寂しくも思います。
「いかにして...」の内容は色々ありますけれど、「人とも交流した上で、精神修行も続ける」それ自体が「行」っていう内容が含まれていたんです。
読んだ直後は 大変良い気分で、これを実行するぞ!!
って気分だったんですけども、ワタクシはそもそも 軽率かつ話し好きなので、相手の話を「聞くことに徹する」ことそれ自体を 大変おろそかにしていました....。
何度も何度もザセツするかもしれませんけど、もう一度!トライしようと思います。

本当に 良い心がけで生きたなら、常にエネルギッシュにもなり、健康にもなるそうですよ!(噂ですけど....)
....できたらいいなあ....。
 

Edited by じゅんか 2019/01/05 17:14:53
Last Modified 2019/01/06 00:37:17

2019/01/04
ひとやすみ ひとやすみ by じゅんか
皆さま 3が日も終わり、仕事始めの方もいらっしゃるでしょうか。
おかげさまで 通販部も昨日から発送業務を開始いたしました。
本年もどうぞよろしくお願いします。
今年の年末年始は、通販部大変リフレッシュいたしました。
こんなことを書いてしまうと 先輩方に大変叱られそうなのですが、シュタイナー教育を頑張っていると 大変疲れてしまうことがあると思うのです。
実を申しますと 私は大変疲れていたのです。
もはや ゆるゆるなのにも関わらず、疲れていたのです。

というよりは ひとつ何かにこだわっていると 誰でもしんどい時があると思うのです。人は誰でも ずーーっと一人で頑張るようにできていないような気がします。

このあたりのニュアンスついて書きたくて 年始には とある書籍のレビューを書こうと思っていたのです。ところが わたしは 同じ訳者の違う本を再読してしまいました。ありゃ!というわけで 再度本棚を見直します。でも 間違って読んだ本も良い本だったので、後日レビューを書きますね。
 

Edited by じゅんか 2019/01/04 17:13:12
Last Modified 2019/01/04 17:13:12

Copyright © 2010-2019 Press328.com. All Rights Reserved