シュタイナー教育・幼児教育・教材・おもちゃと雑貨「天花地星」の日記Blog
お店つれづれ気になる商品子育てメーカ・生産者紹介
2018/12/15
楽しみになってきましたね。 by じゅんか
楽しいクリスマスに向けて 通販部も一生懸命頑張っています。
おまけ画像は うちの次男が 少しずつクリスマスの準備をしているプロセスです。

折り紙でつくったブーツと サンタさん

モスバーガーのサンタさんをマネして描いたサンタさん

昨日 とある場所で実験に使ったキラキラ材のあまりをもらったので、それを飾りに。

よーし!がんばるぞーー
 

Edited by じゅんか 2018/12/15 10:31:54
Last Modified 2018/12/15 10:39:05

2018/12/14
ライアーの本が充実してきました。 by じゅんか
7弦 ペンタトニック ライヤー 12弦 ダイヤトニック やさしい 楽曲 ケルト
昨日、「7弦ペンタトニックライヤーと12弦ダイヤトニックライヤーのためのやさしい楽曲」が入荷しました。
ケルトやスコットランドの曲が多く、なんと手書きの楽譜もあります。

これまでも キンダーハープとカンテーレも7弦用の楽譜集で、初心者向けの良い本です。
ちいさな竪琴と歌う季節の歌も7弦用。こちらは日本のわらべうた、季節のうたが沢山取り入れられています。
32弦のライアーを演奏される方には
ライアーによる歌の伴奏法もご用意しています。
もっと身近に、音楽を、楽しみたいですね。
 

Edited by じゅんか 2018/12/14 09:04:32
Last Modified 2018/12/14 17:18:37

2018/12/13
あなたの天使を信頼する by じゅんか
「クリスマスの秘密」を少し前に読みました。
ハンス ヴェルナー シュレーダーさんがおっしゃるには 私たち一人ひとりには 天使がついてくださっていると言うのですね。
そして 起きている間は 天使とお話しすることはできないのですが、眠っている間は自分の天使とお話ししているそうなのです。

ですから、眠る時間をしっかりとることが大切だそうです。
そして 自分の天使に感謝すると 天使はとても喜ぶそうなのです。
私自身の個人的な見解では もしかして 天使とは、自分自身の分身かもしれないとも思うのですが、確かに 日々の忙しさに紛れる間にも、自分の良心というか 言葉にならないものが 何かを訴えてくる時があるように思います。
忙しい時こそ、ゆっくりと眠れるといいですね。
 

Edited by じゅんか 2018/12/13 17:15:01
Last Modified 2018/12/13 17:15:01

2018/12/13
子ども自身の持っているもの by じゅんか
さてさて、子どものプレゼント選びは すごく悩みますよね。
わかります....。

親はこどもの喜ぶ顔が見たいですものね。
時々、「うちの子に、何がいいですかね」と聞かれることがあるんですが 実はわたくし、全然大したことが言えないんですよ...。
「どうですかねえ...」とか「お子さんいつもどんなふうに遊んでます?」とか
まさかの質問に質問返しなんですね。

なぜかというと子どもは一人一人違った存在で、違った個性を持っているので、自分の育児経験が全く役に立たないんですよ。よそ様のお子様には。

たとえばうちの次男だと すんごい小さい頃から「ぐるぐる回す動作」が死ぬほど好きで、外で自転車を見るたびに それがヨソの人のものであろうが、自分のうちのものであろうが、ペダルをぐるぐる手で回すのが大好きで、すごく大変でした。
だってヨソの人の自転車をさわらせるわけにはいかないし、自転車は大体外にあるので、家の自転車のペダルで遊ばせるにしても、横で私はぼーっとそれを見守らないといけませんでした。1時間半たっても「ぐるぐる回し」に飽きないので、むりやり引きはがしたのは言うまでもありませんが、ぐるぐる回すおもちゃを与えたらすごい喜ぶことは 与える前からわかりました。

こういう地味な個性が、一人一人あると思うのですよ。
虫が大好きな子、砂遊びが好きな子、絵を描くのが好きな子、ヒーローになりきるのが好きな子....。

そういうのが ヒントになったら、いいですね。
 

Edited by じゅんか 2018/12/13 08:13:22
Last Modified 2018/12/13 08:13:22

2018/12/10
傷つくがゆえに..... by じゅんか
ずーっとずーっと考えていたことがあるんです。
このごろ 多くの人が 傷ついているよね!っていうことです。
たとえば シュタイナー教育を頑張っていると 周囲の人から
「神経質ね!」というようなことを言われて 深く深く傷つくことが、ありますよね....。
でも 「神経質だ!」と自然派をなじる人は 忙しい中、自分のライフスタイルで頑張っているときに、自然派志向の人から、「そんな手抜きじゃダメなんじゃないの.....」とかダメ出しされてることがあるんですね.....。

どちらの立場の人も、世の中には沢山いて、よそ様から何を言われても 華麗にスルー出来る人と、そうでない人がいます。
お互いに「傷ついた経験」がきっかけになって、自然派志向の人と、それ以外の人がいがみあってしまうことがありますね。
どちらにもいいところがあって、どちらにも言い分があるのでこじれてしまいますね...。
世の中に100人人がいたら、100通りの人生があるわけなので、何か言われたからといって、考え方をすっかり変えることはないでしょうけれど、どんなときにも、思いやりが持てたらいいですね。
これがもう、ホントに簡単じゃないのですけれど。
 

Edited by じゅんか 2018/12/10 12:47:45
Last Modified 2018/12/11 11:52:31

Copyright © 2010-2018 Press328.com. All Rights Reserved