シュタイナー教育・幼児教育・教材・おもちゃと雑貨「天花地星」の日記Blog
お店つれづれ気になる商品子育てメーカ・生産者紹介
2018/10/20
編み物の意外な効用 by じゅんか

先日 とあるイベントで ランプシェードを作りました。
風船にぐるぐると麻ひもを巻き付けてから、ボンドを塗り、一晩たって固まったころに風船を割ったら出来上がりです。

それでこれ、私にとっては とても簡単だったんです。
風船に麻ひもを巻き付ける作業はとても気持ちよく、全然苦しくありませんでした。
ところが 隣のテーブルにいた人は 同年代の女性だったんですけども すごく苦しんでおられたのですね。一時間かけて 全くできないまま終了されていました。
あれ?難しいかな?楽しいのに、とその時はそう思っただけでした。

それから1か月たって、何気なく毛糸を編んだりほどいたりしているときに ハッと思い出しました。

わたし、子どものときに 毛糸を編んだりほどいたりしました!!いっぱい!!!
母が姉用に編んだセーターをほどいてから、何かを編み直してくれたことがしばしばあったのですが ほどいた毛糸を巻き直すのは 子どもだった私の仕事だった!!
すごく楽しくて好きでした!
そして 先日の「風船に麻ひもを巻き付ける作業」は大きさこそ違うけれど、毛糸を巻いていく時の要領と同じです。ああ、だから あんなに楽しかったのか!と思いました。

そして 何の関係もないようだけど、手仕事は 何かのコツを体に残しているんだな、と思いました。
 

Edited by じゅんか 2018/10/20 20:40:49
Last Modified 2018/10/21 08:34:21

2018/10/17
季節を探しに  by じゅんか

季節は探すものではなく、感じるものかもしれませんが.....

例年の通販部のお仕事「秋を集めておく」作業中です。
 

Edited by じゅんか 2018/10/17 19:59:29
Last Modified 2018/10/17 20:02:17

2018/10/15
子どもの考える「きせつ」 by じゅんか
いつもご利用ありがとうございます。天花地星通販部です。

さて、いつも通販部ご利用の方はよくご存じのように、当店からのお荷物には必ず小さな季節のものを添えています。
押し葉だったり切り紙だったりですね。

押し葉や切り紙、数々のこうした「おまけ」は うちの子どもたちと作ることが多いです。なので、時折、子どもの方から 「こんなのではどうか?」という提案があるのです。

....というわけで 今回は試作を2種類。

秋のあしらい「かき」


冬のあしらい「ゆきだるま」


以上、小4男子からの提案でした!

これ、子どもが書いたらかわいいけど、わたしこんなにかわいく作れないので、もう少し違うものを考えますね。
 

Edited by じゅんか 2018/10/15 19:33:05
Last Modified 2018/10/15 19:35:52

2018/10/10
シュタイナー学校に通っている方も、そうでない方も by じゅんか
さて、昨日から ドイツでe-waldolfを主宰されている石川華代さんによる講座が開かれています。
e-waldolfの教材....沢山ありますね。「幾何アクティビティ」「フォルメン・レッスン」「こくご教室」「さんすう教室」シリーズなどなど...。

これは主宰する石川さん自身が 「シュタイナー教育をシュタイナー学校に通えない多くの人々にとっても 開かれるものとしたい」という熱い思いから生まれたものだと聞いています。

実際、現在のところ、シュタイナー学校は数えるほどしかありません。
通学のあれこれ、学費のあれこれ、そもそも地域に存在しない...など障壁は沢山あります。

でも確かに、シュタイナー教育の良さはあります。私はシュタイナー教育にあこがれて北海道に来て、でも結果的に子どもたちは二人とも公立に通わせています。
公立は公立の良さが確かにあります。
同じように シュタイナー教育の良さもあります。

公立に通っているからすっかり何もかもあきらめるのではなくて ほんの少しでもいいから 何かを取り入れていければいいなとも思っています。

「すべての教育は自己教育である」というのはよく言われることだと思います。

手しごとをすることだって
ていねいにご飯をつくることだって
体を動かすことだって、
子どものそのままをよく見ることだって、
どんな小さなことだって 自分自身を磨くことにつながります。
何度も何度も心が折れても 何度も何度もやりなおせばいい!

がんばろう 全国のみなさん 頑張ろう わたし!
 

Edited by じゅんか 2018/10/10 08:55:15
Last Modified 2018/10/10 13:28:53

2018/10/08
女の子は おしゃれさん? by じゅんか
おもちゃ 遊び布 幼児教育
今日は女の子が遊びにやってきました。

我が家は男の子ばかり2人。
またご近所も男の子が多くて 仲の良かった女の子がお引越ししてから、あまり女の子が遊びに来ることはありませんでした。

ああ...女の子って 男の子と全然違う生き物だ!!
と久しぶりに再認識。

うちの子の好む遊びは早々に飽きて、8歳の彼女は私の栗むきを手伝ったり、話しかけてきたりしながら かくれんぼの一日でした。
ふと思い出して ピンクの遊び布を彼女にふわっとかけて 少し結んで、ベールのようにしたら、大喜び!

ああそうだった。そうだった。
おひめさまになった気持ちでクルクル回って、
さらに違う布をロングドレスのように巻き付けたら、テンションがどんどんあがりました。
このあたりで思いついて 10才の息子も 仮面ライダーベルトみたいなものを身の回りのもので作ってポージングします。
そんなことなら、フェイスペイントを出してみたら さらに大喜びです。
「お化粧ごっこ」「お化粧ごっこ」

みんなの顔を洗って拭いて、おやつを食べました。
フェイスペイントの説明書を眺めながら、
「ハロウィンもいいよね」
「こんどはおばけやしきごっこもしたいよね!」
なるほど......彼女の夢は広がります。
 

Edited by じゅんか 2018/10/08 15:40:54
Last Modified 2018/10/09 13:20:27

Copyright © 2010-2018 Press328.com. All Rights Reserved