シュタイナー教育・幼児教育・教材・おもちゃと雑貨「天花地星」の日記Blog
お店つれづれ気になる商品子育てメーカ・生産者紹介

TOP PAGE > 子育て > 21世紀の子育て

< 前記事
後記事 >
2010/10/11
21世紀の子育て by ヨーコ店長
私の個人的な話になりますので 読む方の理解は御任せします。

現代育児事情とベビーマッサージについて
私は先日4時間のベビーマッサージ講習会に参加しました。
私のヨガ教室の為ですが 人智学ホメオパスのリサロメロ先生はベビーマッサージはおすすめしてませんでした。詳しい理由は聞いてません。以前受講生の方がリサに聞いたらそう言っていたそうです。
でも 今の日本の育児状況ではベビーマッサージも悪くないと思います。
反対にコミニュケーションの為に必要かもねと思うほどです。
外国と日本では環境が違うのでその時必要と親が判断して試してみて様子を見てもいいのではないでしょうか?テレビに託児させるよりマッサージの方がいいよね。

その講習会で発見した事があります。私だけ知らなかったのかもしれません。
19世紀は「赤ちゃんを抱かない触れない育児法」を日本も取り入れたそうです。
それはどんな事?簡単に書くと
今40〜60歳くらいまでは赤ちゃんが泣いたらどうしなさいと言われてましたか?
抱かないで泣かせなさいじゃないですか?肺が丈夫になるし、我慢が大事だ、抱き癖がつくから。
じゃないですか?どうですか?そうそうと言う人いるでしょ。

でも21世紀は親が赤ちゃんをコントロールする育児から要求(本能的)を叶える育児と育児法の見直しがされてます。タッチケアなどの効果が科学的に立証され始めてます。
世間ではベビーサインやベビーマッサージと赤ちゃんの要求が叶えようとしている動きもあります。

ここで気をつけたいのはやりすぎないようにしてほしいなあーー
赤ちゃんをよく見ているママ、パパの直感を大切にして欲しいです。
自分の赤ちゃんは自分しか解らないし 一般的な意見にあまり振り回されないようにね。

私が問題だと思うのは ママ、パパの親は「赤ちゃんを抱かない触れない育児法」を体験している。
この親とどう付き合うかですよ。
今はそれとは真逆な方法が必要になっています。
今毎日の悲しいニュースで取り上げられているのは抱かない触れない育児の結果かもしれません。そうでないかも知れません。でも触れる事で愛情は感じますからねーー、どうかなあ??
嫁と姑の考えの違いでギクシャクなっていたら嫁は姑を理解してください。
悪気はありません。そのように育ってきたんです。
その考えを覆すことは難しいかも知れませんが話をする事でお互いの理解が深まる事を願います。
提案ですが ベビーマッサージに姑を連れて行き そこで 先生に19世紀と21世紀の子育ての違いを
話してもらってもいいかもね。第3者の話は心に入りやすいよね。
あーーごめん、ごめん
みんながもめているわけではないのにね。
まったく 相変わらず おせっかいおばさんなんだよね。
まあ そんな感じで自分がされた事が子育てに出るのですがもし 子育ての迷子になっちゃたら
家にばかり居ないで子育て支援センターや子育てカフェに行きましょうね。
みんな同じ悩みを持っているはずよーーーー
なんだ私一人じゃないんだーーーと確認できて強い見方もできるかもね。
ママ、パパが元気が一番 子供の安定に繋がるよ。
未来は明るいね。
と言う事で毎日発見があります。北海道ですので 本州とは温度差がありますがこれからもこつこつがんばります。
子育ていいね。
3人の子供に感謝です。

 
 


Edited by ヨーコ店長 2010/10/11 06:16:19
Last Modified 2010/10/11 06:16:19

< 前記事
後記事 >
シュタイナー教育・幼児教育・教材と雑貨「天花地星」の日記Blog
お問い合わせ
Copyright © 2010-2019 Press328.com. All Rights Reserved