シュタイナー教育・幼児教育・教材・おもちゃと雑貨「天花地星」の日記Blog
お店つれづれ気になる商品子育てメーカ・生産者紹介

TOP PAGE > 気になる商品 > プラトン立体パズルの問い合わせ

< 前記事
後記事 >
2012/09/27
プラトン立体パズルの問い合わせ by たわふ
幾何アクティビティ シュタイナー学校エポック授業から プラトン立体パズル
幾何アクティビティに掲載されている、プラトン立体パズルの写真を見て、これが商品になったものがほしいとの問い合わせを何件も受けています。

確かにこの写真を見たとき、私もほしいと思いました。

現在(2012-09-27)では、商品化は確認できていません。なので、ほしい方は「自分で作ってください」と言おうかと思ったのですが、私自身作った事ないので、まずは自分で作ってみようと思いました。

うまくできるか不安でしたので、材料は買わずに、普通のPPCコピー用紙を使いました(本書では厚紙が材料)。接着はセロテープです。なので、最終的な出来上がりは、ちょっと綺麗ではありませんが(作図した線もそのままにしたため、さらに綺麗ではない)

本のとおり作成しましたが、このままでは、バラバラのままで、立体で形を維持できません。なので最後に正十二面体の枠を作ってまとまるようにしました。(本文には正十二面体の枠の型紙がないので、作図に苦労した。ちなみに、型紙があるものもコピーではなく作図で作りました。)





作ってみて思いましたが、たぶん、商品化は、難しいだろうと思っています。
なぜなら、このような商品がほしい方は、たぶん自然派な人だと思うので、材料は木製になるのではないかと思いますが、木にした場合、最終的な正十二面体の状態は、手で持っていないとバラバラと崩れてしまう。というかどの状態でも、持っていないと崩れてしまうようなパズルです。(プラトン立体パズルと言っても、正二十面体だけないです)

あとは、木に磁石を付けるか?木に磁石を付けると、磁石が目立ってカッコ悪そう。または、正十二面体の木の枠を作れるのか?作れるとは思うけど、その場合、正十二面体以外は、手で持つしか形を保てないのでどういう形で枠を作るかが問題。素材をプラスティックにすれば、たぶん実現可能と思いますが、プラスティックだと、金型が必要で、大量生産しないと、1個の売値が何十万となってしまいます。そんなにたくさんの人がほしいと思うとは思えないので、やはり商品化は無理でしょうね。

ということで、ほしい方は、自分で作ってみてください。作図をしていて、昔の数学の授業が懐かしいと思いました。結構はまりました。昼間は子供がいるので夜中だけで作ったので、3日かかりました。

 
 


Edited by たわふ 2012/09/27 16:29:15
Last Modified 2012/09/27 17:03:30

< 前記事
後記事 >
シュタイナー教育・幼児教育・教材と雑貨「天花地星」の日記Blog
お問い合わせ
Copyright © 2010-2019 Press328.com. All Rights Reserved
上に戻る▲