シュタイナー教育・幼児教育・教材・おもちゃと雑貨「天花地星」の日記Blog
お店つれづれ気になる商品子育てメーカ・生産者紹介

TOP PAGE > 気になる商品 > 「個人としての自分を否定することなく 世界とつながっていく......」

< 前記事
後記事 >
2019/02/16
「個人としての自分を否定することなく 世界とつながっていく......」 by じゅんか
この本、年末からずーっとレビューを書きたくて 書きたくて...
でも書かずに2か月たってしまいました....。「三位一体」を今読んでいるところです。
三位一体 シュタイナー
だいぶ前に一度読んでいるんですよ!
で!!何か揺らいだ印象だけが残っていて 再読しようと思ったのは11月ごろ。
ところが 探せど探せど買った本が見つからない!と思っていましたら、先週になって夫が発見いたしました。
何度も何度も探した棚に 普通にありました。隠れてもいない。
なぜ見つからなかったのか.....ショボーン。 (´・ω・`)
.............
まだ上巻を読み始めたばかりなんですけども、むむ。
「個人としての自分を否定することなく 世界とつながっていく......」という一文から目が離せなくなってしまいました。
第一7年期(幼児期)は世界と一体となって生きます。
第二7年期は 自分と世界が違うものであることに気付きます。
9歳の危機のことかな??と思います。

面白いなと思うのは「共感」だけではなく「反感」を感じてはじめて向き合える事柄があるということで、うん、うん、と思って読み進めています。

もしも、もしもね。
人が理想的な環境で、育ったら....
理想的な環境で 第二7年期、第三7年期を過ごすことができたら..... 
「個人としての自分を否定することなく 世界とつながっていく......」ことができるのだろうか。
もう少し 読み進めてから、続編を書きたいと思います。書けるといいなあ.....。

 
 


Edited by じゅんか 2019/02/16 10:20:19
Last Modified 2019/02/16 20:28:32

< 前記事
後記事 >
シュタイナー教育・幼児教育・教材と雑貨「天花地星」の日記Blog
お問い合わせ
Copyright © 2010-2019 Press328.com. All Rights Reserved
上に戻る▲