シュタイナー教育・幼児教育・教材・おもちゃと雑貨「天花地星」の日記Blog
お店つれづれ気になる商品子育てメーカ・生産者紹介

TOP PAGE > 子育て > みんな違って みんないい(6)

< 前記事
後記事 >
2018/11/20
みんな違って みんないい(6) by じゅんか
全てのお母さんには 良いところがあります。
全ての子どもにも 良いところがあります。

子どもが遊んでいるところを見ていて思うのは 「欠点は長所だな」と言うことです。

たとえば 何人かで遊んでいると 自然と役割分担ができます。
うちの子も大きくなり、現在のわたしは 幼稚園ごっこをしていませんが、それでも よその子どもはしばしば来るので、遊ぶ様子を見ています。

みんなそれぞれの良いところがあります。

調子に乗る子は ノリよくみんなを盛り上げる子どもです。
おしゃべりな子は 誰かに危険があったときに、進んで「伝令係」をしてくれ、第三者にわかるように、事情を説明してくれます。
やんちゃで暴力をふるう子がいると どうでもいい言い争いが一瞬で終わり、すべてのもやもやを仕切り直すことができます。
気が利かない子は あまり怒らないので、平和な時間を長く続けることができます。
びくびくしている子は 大人が怒りそうなことを察知して みんながやりたがらない後片付けなどを手伝ってくれたりします。


公立小には 公立小の良さが確かにあります。
シュタイナー学校にはシュタイナー学校の良さが 確かにあります。

自然食には自然食の良さがあります。
カップ麺にはカップ麺の良さがあります。

皆さまには 皆さまの良さがあります。
わたしには わたしの良さがあります。

日々の暮らしの中で 何を選んだら正解とか 何を選んだら不正解とかあるわけではありません。
それぞれの皆さんの「役割」「楽しみ」「よろこび」を味わっていけるといいですね。

みんな それぞれのやり方で しあわせ。
そういうの、いいですね。
 

Edited by じゅんか 2018/11/20 00:31:39
Last Modified 2018/11/20 00:41:15

< 前記事
後記事 >
シュタイナー教育・幼児教育・教材と雑貨「天花地星」の日記Blog
お問い合わせ
Copyright © 2010-2019 Press328.com. All Rights Reserved